情報一覧

公認会計士とは一体どのような職業なのか?

公認会計士とは一体どのような職業なのか?

現在では様々な職業があり、多くの方がその職業についています。

そんな中でも皆さんは「公認会計士」と言う職業についてご存知でしょうか?

公認会計士は国から認められた資格である国家資格であると言うこともあり、非常に良い資格となっています。

そこで今回は公認会計士を知らない方、また公認会計士についてもっと知りたいと言う方のために公認会計士とはどのような職業なのかということについて詳しく話していきたいと思います。

公認会計士とはその名の通り公認された会計士のことであり、会計業務のプロフェッショナルであるといえるのです。

日本のみならず世界的にもこの公認会計士と言う職業はあります。

各国の憲法や法律、またその他の制度によってその業務の範囲の比重は異なると言われていますが、全体的には共通して会計監査を独占業務として行っている仕事です。

また公認会計士の主な業務内容とされている「財務諸表監査」と言う監査ですが、先ほど申し上げた会社や企業の財務情報が適正に表示されている、またその情報が適正なものであるのかと言うものについて、独立した立場から意見を表明することが業務内容とされています。

また様々ある国家資格ではありますが、日本における「三大難関国家試験」の内の1つとしてこの公認会計士と言う国家資格は位置づけられおり、簡単に取得することができる国家資格でない事は確かです。

しかしながら取得することによって、プロフェッショナルとして会計業務を行うことができます。